発電所一覧

火力発電[バイオマス混焼石炭火力]

名古屋第二発電所

名古屋発電所の隣接地において、2017年に新たに完成したバイオマス混焼石炭火力発電所。
環境に配慮し、ベースとなる石炭燃料に木質系バイオマス燃料を30%混焼することで、発電電力量あたりのCO2の排出量を大幅に抑制しています。
2000年より操業している名古屋発電所の知見、ノウハウ等を生かして、効率的な操業を行っています。

※バイオマス混焼方式
木質などのバイオマスを石炭に混ぜて発電燃料に利用すること。
このバイオマスは有機物であることから、燃焼させエネルギー利用を行った場合にはCO2が発生するが、植物は成長する過程で光合成により、大気中からCO2を吸収するため、全体で見るとCO2の量が増加しない「カーボンニュートラル」という特性を持っています。

事業主中山名古屋共同発電株式会社
設備概要ボイラータービン発電(微粉炭・バイオマス混焼)
出力110,000kW
所在地愛知県知多郡武豊町
運用開始2017年9月

このサイトについて(免責事項)