発電所一覧

火力発電[バイオマス混焼石炭火力]

名古屋発電所

もとは、中部電力(株)の電源入札で開始されたIPPと呼ばれる発電所の1つ。15年間の当初のIPPとしての売電契約を2015年3月に満了し、新たに商業プラントとしての道を歩み始めています。その際、それまで石炭のみを燃料としていた発電所に、バイオマスを混焼できるよう改修を行い、現在はバイオマス混焼石炭火力発電所として順調に操業を続けています。
※IPP:独立系発電事業者(Independent Power Producer)。1995年の電気事業法改正で新たに認められた、電力の卸供給のために発電だけを行う独立系の電力事業者。

※バイオマス混焼方式
木質などのバイオマスを石炭に混ぜて発電燃料に利用すること。
このバイオマスは有機物であることから、燃焼させエネルギー利用を行った場合にはCO2が発生するが、植物は成長する過程で光合成により、大気中からCO2を吸収するため、全体で見るとCO2の量が増加しない「カーボンニュートラル」という特性を持っています。

事業主中山名古屋共同発電株式会社
設備概要ボイラータービン発電(微粉炭・バイオマス混焼)
出力149,000kW
所在地愛知県知多郡武豊町
運用開始2000年4月

このサイトについて(免責事項)